SERVICE GUIDE

メガネ

①フィッティング


メガネを購入されるうえで大切なのはデザインもそうですが、まずは使われる方の顔の形状・サイズに合わせことが第一歩と考えます。

そのため納得いくまで色々な道具や手法を使って調整を行ないます。お客様のお顔は千差万別、丁寧にフィッティングさせて頂くことで長時間装用していても痛くならない・疲れない・快適な掛け心地を実現するために何度でも調整させていただいております。


【テンプル調整】

テンプル(メガネの足の部分)を左右の耳の形状に合わせて長さ調整をします。


【ノーズパッド調整】

鼻に当たるパッドの幅・・高さ・角度を調整し、角膜とメガネレンズの距離を合わせると同時にメガネが下がらないよう調整します。

最近はまつげのおしゃれをされているお客様が増えてきているので、重要なフィッティングになります。


【角度調整】

メガネは用途によって前傾角度の調整が必要です。それと同時にそり角のチェック(最新の設計レンズでは大切なチェックです)をします。

左右バランスから全体的なバランスをチェックして、はじめてお客様の顔へ装用します。


【部品交換】

鼻当ての形状や大きさの変更が必要な場合は即時交換も可能ですが、取り寄せが必要な場合は若干お時間をいただくことがあります。

テンプル(足の部分)の先セルに滑り止め加工が出来ます。必要に応じて提案させていただいております。

②測定


目は遠くが見えているから『目が良い』というわけではありません。40代からは近くの焦点が合い辛い症状が急に出てきます。他にも視線ズレから来る疲れや、眼底の異常からモノが歪んで見えること、若くても近くが見づらいなど目の異常には多くの原因・種類があり、当店ではじっくりと多種多様な測定を実施しております。また、屈折異常以外の症状と思われた場合は速やかに最寄の眼科受診をお勧めしております。


【ヒアリング】

まずはお客様ヒアリングをさせていただきます。

今どのような症状でお困りなのか。

どのようなシーンでお使いになるのか。

どのくらいの視力がほしいのか。

どのくらいの距離を主にみるのか。

お仕事の内容などなど


【視力測定】

眼科処方箋をお持ちの方は最初にご提示ください。確認後処方通りに調整いたします。

直接ご来店のお客様には、眼鏡士の出来る範囲での測定をいたします。

まずは他覚検査としてレフラクトメーター測定を行い、続いて自覚検査(学校の視力検査と同じようなことです)としてまず裸眼視力を測定その後、テストレンズを装用した矯正視力の測定を行います。

過矯正にならないようR&Gテストの後実際に歩いてみたり手元を見たりの装用テストを行います。

乱視クロスシリンダー測定、斜位偏光視標を用いたプリズム測定なども必要に応じて実施します。

最後に必ずアムスラーチャートという碁盤のような視標で黄斑変性の確認をしております。


③アフターフォロー


池田屋では、お買い上げいただいた眼鏡のメンテナンスをしっかりとさせていただきます。もちろん他店でお求めの眼鏡も同様にフォローさせていただきます。


【アフターフィッティング】

使用中のアクシデントや経年変化により眼鏡の状態が変化してしまいます。

歪んだ眼鏡は見え方に悪影響がありますので、早めの来店をお勧めします。


【パーツ交換】

鼻当てパッドと耳に掛かるモダンというプラスチックはもっとも痛む部品です。衛生面でも定期的な交換をお勧めします。(有料の場合があります)

縁なし眼鏡はネジの緩みやクッションの劣化でガタつきが生じやすいので定期的に点検をお勧めしています。


【クリーニング】

ご家庭では難しい分解洗浄も可能です。仕事の込み具合でお預かりする場合もありますが、基本お待ちいただいている間に対応しています。